リウマチとは異なる?線維筋痛症の正体

線維筋痛症のことを知ろう

線維筋痛症とは

急に痛みを感じたら、線維筋痛症かもしれないと思ってください。 足に症状が現れる人が多いですが、人によって痛みを感じる部分が変わります。 腕に痛みを感じた場合でも、線維筋痛症だと診断される場合があります。 また、痛みのレベルや進行速度も違いがあります。

他に現れる症状

線維筋痛症になったら、痛み以外の症状が見られることがあります。 痛みが小さい場合は、線維筋痛症になっていることに気づけないかもしれません。 他の症状が出ている時は線維筋痛症だと疑って、適切な処置をしてください。 風邪などの症状に似ているので、間違えないでください。

痛みを感じたら疑おう

みなさんは、線維筋痛症という病気を聞いたことがありますか。
あまり聞き慣れないかもしれませんね。
リウマチの方がメジャーなので、身体に痛みを感じたらリウマチの対処法をしてしまう人がいます。
ですがそれでは正しい線維筋痛症の改善にならないので、回復することはできません。
早く治療するためには、線維筋痛症のことを正しく知ることが重要です。
今は身体に何も痛みを感じていなくても、そのうち感じるようになるかもしれません。

リウマチや線維筋痛症は、特に年齢を重ねた人が発症すると言われています。
若い人は関係ないと思っているかもしれませんが、将来発症する可能性を持っていると覚えておきましょう。
病気になった時は、すぐ医師の診断を受けることが重要です。
ガマンしていると、どんどん痛みが悪化していきます。
線維筋痛症になっても、最初はまだ痛みをガマンできる状態かもしれません。
ですが悪化すれば、動くこともできなくなります。
だいぶ症状が進行した時は、自分の力で病院へ行くこともできないかもしれません。

少しでも痛みを感じたら、治療することを意識してください。
早期治療は悪化させない他にも、治療の効果を大きくするメリットがあります。
仮に線維筋痛症だと診断されても、初期症状のうちから治療を開始していれば短時間で完治できるので安心してください。
悪化してから病院へ行っても、改善が難しいと判断されます。
治療費も高くなるので、早く痛みに気づきましょう。

どうやって治療するのか

線維筋痛症になったら、薬で治療することになります。 強力な成分が含まれているので、注意しないといけません。 ですから、基本的に一般人は医師から処方されないと手に入れることができない決まりになっています。 他には、リウマチなどの薬を組み合わせる方法があります。

TOPへ戻る